香川のおいしいもの【グルメガイド】
おいしいさぬき(讃岐)うどんのお店紹介
讃岐うどん遍路   さぬきうどん百店満点

瀬戸内海、海の幸→おさかな天国「香川県へ」

ポストさぬきうどん!香川の名物「骨付き鳥」
骨付き旨いmap

とれたての食材が食べられるお店を紹介
かがわ地産地消協力店
オリーブは香川の特産品です
香川オリーブ自慢の料理店

ちょっと寄り道こんぴら街道 素顔の直島(直島町観光協会) かがわのアート発信隊 四国高松 庵治・牟礼・屋島「源平の里ポータル」
新着記事:注目地域情報やスポット、がんばって活動されている方々の様子をご紹介

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月14日 (21:31)

【直島】漫遊帖2008秋プレツアー



 昨日は、まちかど漫遊帖の新コースとして直島コースを行うため、るいまま組のみなさんと直島へ下見に行ってきました。
→ 直島漫遊帖2008プレツアー

高松港より午前10時14分のフェリーで出発。
まちおこしの師匠、竹内さんも学生らを連れて同じ便に乗船。
そうそう竹内さんのホームページができたそうです。
→ shuzen.com

最も基本的なコースで、ベネッセハウス、ベネッセハウステラスレストラン(ランチ)、家プロジェクト、地中美術館を回りました。

ベネッセハウスはしばらく行かないうちに展示が変わっていました。人気作品の「雑草」がかなり増えているのに驚きです。
家プロジェクトは、ボランティアガイドさんを要請。大谷さんのケナフ工房にも立ち寄ってお話を聞き、カフェまるやの大塚さんにもご挨拶できました。
地中美術館は、変化なし(良い)。今更ですが、年間パスポート買っちゃいました。
帰りの海の駅では、直島観光協会販売の新製品「金箔入りアイス」を発見。本来なら「塩」といきたいところですが、「バニラ」を食べました。

来週日曜日もガイドを頼まれたので直島に行く予定です。夏休みの連Qなので超大混雑必至。

 この秋のまちかど漫遊帖では日曜日に2回程、この直島コースを開催予定です。内容はプレツアーの反省も踏まえて再度練り直します。ぜひご期待ください。
スポンサーサイト
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2008年06月16日 (20:31)

【直島】007 Bond Night Party

 来月7月5日(土)直島の海の駅で「007 Bond Night Party」が開催されます。昨年は長崎・別府研修のため参加できませでしたが、毎回みふぃも楽しみにしています。瀬戸大橋と大鎚島をバックに、夕焼けを眺めながられる白い海の駅でのパーティーは素敵でしょう。
 直島からの船の最終便は宇野行き21時15分で、宇野経由で高松にも帰れます。
→ 007 Bond Night Party 開催!

●日時  2008年7月5日(土) 17:00~20:00
●場所  直島町イベント交流広場(海の駅「なおしま」内)
●料金  3,007円 (軽食、3ドリンク付き)
●イベント内容
ボンドガールはうちや!コンテスト
・ビートルズバンドの演奏
・「Jack Amano&晋之介」によるMagic Show など
●チケット特典
地中美術館及びベネッセハウス半額、家プロジェクト無料(2,500円相当)
(7月4日(金)~7月6日(日)有効)
●チケットの取り扱い 直島町観光協会、県庁国際課、アイパル香川
●お問い合わせ先
香川県庁国際課「007を香川に呼ぶ秘密情報部」
TEL:087-832-3027
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2008年03月19日 (22:27)

【直島】ジェームズ・タレル-感受性引き出す光

直島南寺 直島本村地区にある家プロジェクトの1つ「南寺」。先月リフレッシュされました。ジェームズ・タレルのこの作品が紹介されました。

→ 感受性引き出す光 ジェームズ・タレル 香川・直島 【産経ニュース】



カテゴリ : 直島記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2008年01月14日 (19:41)

【直島】団体で1日直島ツアー


 みふぃ:昨日は、実家の地区の人達30人ほどを連れて直島を案内してきました。
直島日帰りバスツアー携帯版
●コース内容(貸切バス)
高松発8:12のフェリー
1 香川県直島環境センター
2 本村家プロジェクト
3 ベネッセハウステラスレストラン(昼食)
4 地中美術館
5 007赤い刺青の男記念館
高松着18:00のフェリー

1 香川県直島環境センター
 青と黄色の処理施設の内容ももちろん、何度も行ってるみふぃがプラスしておすすめしたいのは、環境センターから見える三菱マテリアルの工場の景色(写真撮影は禁止)。工場萌えにはたまりません。ここはただ巨大な人工的な建造物だけでなく、島北側特有の荒涼とした風景も含めて、異世界、近未来、地球かという風景が広がっていて何度見ても飽きません。普段入れない敷地内も通れます。

2 本村家プロジェクト 30名の大人数ということで、2名のボランティアガイドをお願いし2手に分かれて回りました。家の前に出してある「のれん」と「屋号」にみなさん興味津々でした。残念ながら、一番体験して欲しい南寺が休館中でした。

3 ベネッセハウステラスレストラン(昼食)
 ここの団体も受け入れ可能なレストランができたから、直島のバスツアーができるようになったいっても過言ではない。お値段は少々高めですが、景色も建物も綺麗で満足。
 席から海をはさんで見える街は岡山?と聞かれましたが、レストランから見えるのは高松市街です。サンポートのタワーやホテルクレメント、県庁舎本館などが分かりやすいです。こんなに綺麗にはっきり見えるのも空気の澄んでるこの季節ならでは。こんなに高松が近いの!とよく驚かれます。

4 地中美術館
 作品の中で一番人気はオープンフィールドでした。そして、やはり地中カフェの外からの景色は超一級。特に冬は素晴らしい。寒いですが、ぜひ少しでも外にでも眺めて欲しい。左端から尖った山が八栗さん(五剣山)、山上が平らな山が屋島、手間に重なるようにして浮かぶ男木島、高松市街、おむすび山の勝賀山、五色台と続いて、右端に瀬戸大橋が眺められます。
 自分のところゴマジリ(詫間町)からの景色も負けてないとの声もでたように、瀬戸内に住んでいる人には、それぞれのベストビュースポットを持っているようです。

5 007赤い刺青の男記念館
 意外にもウケたのがここ。年齢層が高めなので、「007は2度死ぬ」の出演者などの写真に歓声が。奥のビデオ上映に座り込む人達も。外にある防空壕も見逃せないポイントです。
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月05日 (23:20)

【直島】大物アーチスト来直

直島南寺 みふぃ:9月から7軒に増えた家プロジェクトを記念したトークの第2弾に、あのジェームズタレル氏と内藤礼氏がやってくるようです。ジェームズ・タレル氏は家プロジェクト南寺の「バックサイド・オブ・ザ・ムーン」の他、地中美術館にも「オープン・フィールド」や「オープン・スカイ」の人の視覚に訴えるインパクトのある作品があります。
 来年2月2日(土)14:30~16:30、会場はベネッセハウスです。すぐに申し込みましょう。
家プロジェクト7軒公開記念トーク2 「直島・家プロジェクト~記憶の継承」
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月27日 (21:10)

【直島】アート入門に直島物語

直島赤カボチャ みふぃ:今夏にあった直島でのアート発信隊ミーティング(→直島「かがわのアート発信隊」企画委員会)の内容がアップされました。

かがわのアート発信隊のページ(一番下の「有識者とのミーティングin直島」欄にあります)

 直島のこれまでの成長の経緯からアートと地域づくりについてまで、ミーティングの内容をまとめています。手前味噌ですが、ざっくばらんにやったぶん、ヘタなシンポジウムよりはおもしろいです。このままあげておくのは惜しいくらい。ぜひご一読下さい。

○開 催 日 平成19年8月4日(土)19時~21時
○開催場所 直島ふるさと海の家「つつじ荘」
○講師
・NHK高松放送局副局長 有住直人
・株式会社直島文化村 代表取締役社長 笠原良二
・「かがわのアート発信隊」事業トータルアドバイザー 造形作家 長野由美
・直島町観光協会 藤井重典
●印象的な箇所を、みふぃの勝手な解説と解釈です。

私も、チベットに通ずる直島は極めて印象深い所となりました。
 世界から直島を見た有住さんからのお言葉です。

スプーン一杯だけカレーをくださいと言ったら出てきたんですね。驚きました。
 まるやの大塚さんにお願いしました。オレオレチーズケーキをオーダーしてたんですが、自慢のマイルドなカレーも味わってみたいとポロっと言ったところ、スプーン1杯どころかちゃんと小鉢でだしてくれました。あっと(アート)驚く。

アートNPOなんていうのも香川にはありません。
 えーと、一応否定しておかないといけないでしょうか・・・。

作品そのものは分からないが、ただ、汗水たらして作品を作っているアーティストの姿を見ている、だから、この人の作ったアートを応援したいと思う
 ただできあがったものをよそから持ってきたアートとは違うということと、人は人の情熱にこそ惚れるということですね。

香川県にはすごい技術を持った方が多いですね。例えば、「きんざ」を作る際、土壁を塗る職人を日本中から探しました。
 まだまだ地域に眠っている人・技術があります。

イサム・ノグチならどうしただろうかと考えてみることもあります
 笠原さんの発言。イサムノグチなら間違いはない。ただならぬ地球的視野を持っているということでしょうか。

個人個人が発信したものが、場合によってはネットワークができます。
 CGMの可能性を試してます。

観光で通りがかった人をお年寄りが捕まえては世間話をする光景も日常のものになっています。
 藤井さんから直島でのお話。若い人が来てくれるのがうれしいのは分かります。その喜びがあるからアートも受け入れられるでしょうか。

そんな気持ちなら作れない、まちおこしの手段として作品はつくっているわけではない これが最大の壁。アート作家と地域作家がどこまで歩みよるのか、どこまでがアートで、どこまでが地域づくりか、正しい翻訳活動か誤りのある伝言ゲームか大きな問題です。

「君はアートの見方が分かっていない、アートは分かるとか分からないとかいうものではない。」
 直島のお年寄りの発言。とりあえず凹みますね。。ただ作品だけを見た人と、実際に制作現場など背景を見た人との違いでしょうか。

何にもないこれだけの土地や風景を自由に使ってくださいといわれたからでしょう。
 なぜ安藤忠雄氏が動いたか?そりゃ、やりたくなるでしょう。

そうです。アートは不滅です。
 有住さんより。このフレーズこそ不滅ですね。
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月25日 (22:48)

【直島】これから実る瀬戸内海

 みふぃ:昨日は、お昼に直島へ「アートとコメの収穫祭」に行ってきました。野外のシンポジウムでは、瀬戸内海の価値と地方の個性の必要性について意見がだされ、最後は北川フラム氏から、上りつめた空海がなぜ都会の京都を去り、地方の高野山に移ったのか?都会の限界、都会にはない地方からの文化の創造性についての意見で締めくくられました。また、これから開催される直島、男木島、女木島、豊島でのアートイベントについての予告もされましたので、期待したいと思います。
「アートとコメの収穫祭」(直島)携帯版



瀬戸内の島々の魅力アピール-直島でシンポ【四国新聞】
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月07日 (20:41)

【直島】家プロジェクト

進化つづけること 直島

みふぃ:昨日は午後から直島へ行ってきました。観光協会で打ち合わせの後、時間があったので、レンタサイクルを借りて(1日500円)、本村地区の家プロジェクトへ。家プロジェクトは、9月28日より3軒追加されました。→【直島】家プロジェクト3軒追加
 まちを活用した常設の家プロジェクトを発展は素晴らしい。直島はまだ進化しつづけているのがうらやましいです。
・「碁会所」の庭にある椿の木は2月~3月に5色の花が咲くそうです。
・「石橋」は忘れずにわたりましょう。
・「はいしゃ」には、綺麗なトイレがありますので利用してみましょう。紙以外の何かが足りませんが。。。
new家プロジェクト(直島)携帯版

 途中、休憩したカフェまるやでオーナーのまるやんさんから仕入れた情報。今月24日(土)の「アートとコメの収穫祭」 が終わった後、カフェまるやでライブ「★ふちがみとふなと 秋の瀬戸内縦断」があります。詳しくは、カフェまるやへ。直島には、大人の夜の社交場、地元民と観光客がふれあう場所があります。こちらもぜひどうぞ。
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年10月28日 (00:31)

【直島】アートとコメの収穫祭

直島アートとコメの収穫祭 直島アートとコメの収穫祭
【引用~】「アートとコメの収穫祭」
 23・24日 10:00-16:30 アートマーケット
 23日 13:00-15:00 収穫演芸祭
 24日 12:00-13:15 シンポジウム
 24日 13:15-15:00 新米試食会
 11月24日(土)開催 シンポジウム「瀬戸内海の歴史とアート」
  [あいさつ] 真鍋武紀(香川県知事)
  [パネリスト] 岡市友利(香川大学名誉教授)/北川フラム(地中美術館館長代理・総合ディレクター)/福武總一郎(財団法人 直島福武美術館財団理事長)/柳幸典(アーティスト)
【続く→】「アートとコメの収穫祭」

みふぃ:会社の隣の先輩宛に送られてきたパンフレットをいただきました。2010年に計画されている「瀬戸内国際芸術祭(仮称)」に向けたイベントです。アートマーケットはこだわりのある作品や商品を展示・販売。新米試食会には昨年参加しましたが、大きなおにぎりおいしかったです。今年はシンポジウムも開催。11月10日(土)まで、アートマーケット出展者、ボランティアスタッフも募集しているようです。
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年10月17日 (00:00)

【直島・小豆島】乗り合い海上タクシー

乗り合い海上タクシー 乗り合い海上タクシー
アートをつなげる海の道
普段は定期便のない小豆島と直島を結ぶお得な海上タクシーが運行されています。海上タクシーなので移動時間も短く、少人数でも気楽に利用できます。例示では、直島宮浦港が8:00発と17:00発、小豆島土庄港が9:00発と16:00発で、1人片道2,000円、前日までの要予約です。直島のアートと小豆島のアートを一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
さぬきだま新着記事

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みっふぃーちゃん

Author:みっふぃーちゃん
ミッフィー好きのみっふぃーちゃんです。
岡山市の岡山駅近辺に住んでます。三豊市詫間町出身。

香川の情報を発信しています。香川で一緒にまちづくりにがんばっていらしゃる方も見てくださっているので【講座】情報も載せてます。発信者(みふぃ)の人となりが分かるように【コラム】もはじめました。

香川の地域紹介や、香川での活躍ぶりをお伝えしてくれるブロガーの方、ぜひご一報下さい。
リンク歓迎です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

Appendix


香川のエリアガイド

☆香川のおすすめイベントカレンダー★

香川のモデルコース

香川のツアーテーマ

観光スポット

お庭の【国宝】 特別名勝「栗林公園」

体験・見学できるところ
香川ときめき体感マップ WEB

県外向け情報誌「かがわ さぬき野」

2007春Vol.17 特集:香川の島々、平賀源内、多度津町、銘茶、赤灯台「せとしるべ」
バックナンバー

エリア紹介「県産品レポート」

観光地図の入手

交通アクセスのご案内

旅人が撮った香川の表情

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール 四国についてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。