香川のおいしいもの【グルメガイド】
おいしいさぬき(讃岐)うどんのお店紹介
讃岐うどん遍路   さぬきうどん百店満点

瀬戸内海、海の幸→おさかな天国「香川県へ」

ポストさぬきうどん!香川の名物「骨付き鳥」
骨付き旨いmap

とれたての食材が食べられるお店を紹介
かがわ地産地消協力店
オリーブは香川の特産品です
香川オリーブ自慢の料理店

ちょっと寄り道こんぴら街道 素顔の直島(直島町観光協会) かがわのアート発信隊 四国高松 庵治・牟礼・屋島「源平の里ポータル」
新着記事:注目地域情報やスポット、がんばって活動されている方々の様子をご紹介

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月22日 (00:00)

【講座】おいしい香川を学す

食のビジネスデザインと地域活性化 みふぃ:みふぃも一応卒業した香川大学ビジネススクールで食と農のビジネスについてのセミナーが行われます。案内がきました。
 田舎と都会の大きな違いの1つは、田舎には農業があるということで、農業の振興は地域の活性化に大きく関わります。また、都市と地方の交流という点で食はかかせません。地方の将来を考える上で参考になるのではないでしょうか。
 パネリストには、このブログでメルマガを紹介している那須さんも登場されるようです。話せる時間は短いかもしれませんが、楽しみですね。
地域形成セミナー2 「食のビジネスデザインと地域活性化」

日 時: 2007.11.30(金)14:00~16:45
場 所: リーガホテルゼスト高松3F ダイヤモンドの間
    〒760-0025 香川県高松市古新町9-1
入 場: 無料
申込みは電話、FAX又はメールで白井さんまでどうぞ

【プログラム】
<<基調講演>>
 「香川版スローフードのビジネスデザインを探る」
  荒牧麻子 氏 日本フードサービス学会会員
        (株)ダイエットコミュニケーションズ代表

<<パネルディスカッション>>
[コーディネーター]
  青井倫一 氏 日本フードサービス学会会長
        慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授
        香川大学大学院地域マネジメント研究科非常勤講師
[パネリスト]
  懸田 豊 氏 日本フードサービス学会会員
        青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授
   課題提起「食のマーケティングと地域活性化戦略」
  荒牧麻子 氏
  井上智博 氏 農業生産法人 井上誠耕園 園主
  那須幹博 氏 香川県農政水産部政策 主幹
  平井利彦 氏 (株)平井料理システム 社長
スポンサーサイト
カテゴリ : 講座記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年10月22日 (20:28)

【高松市】「海と城下町 ~玄関口としての高松~」

香川県歴史博物館写真:香川県観光協会 「香川の観光写真集」より

暮らしているだけでは

    高松は分からない


【引用~】歴史のなかの港町 第3回 「海と城下町 ~玄関口としての高松~」
  高松は、近世に入り、中世港町・野原から城下町へと姿をかえます。全国を代表する水城を抱える城下町・高松は、豊臣秀吉から讃岐国を治めるよう命じられた生駒氏によって建設され、徳川家康の血筋をひく松平家に引き継がれ拡大していきます。高松の城下町に設けられた港は、高松藩の玄関口となると同時に、都市を支える物資の供給口としての役割を果たしていきます。本講座では、高松藩の玄関口となった高松の港と城下町の姿について紹介しながら、近代以降の「四国の玄関口」へと展開していく高松港についても触れてみます。
・日  時 : 11月11日(日)  13:30~15:30
・講  師 : 御厨 義道 (学芸員)
・会  場 : 香川県歴史博物館 地下1階 研修室
・聴講料 : 無料
・定  員 : 70名 (申込順)

歴史のなかの港町 第3回 「海と城下町 ~玄関口としての高松~」

みふぃ:香川県歴史博物館による講座です。これまでの高松のまちの成り立ちを整理するいい講座になりそうです。
 現在、歴博では、「海に開かれた都市まち ~ 高松 - 港湾都市900年のあゆみ ~」という企画展も行われていますので、こちらも合わせて鑑賞したいですね。展示会場でのミュージアムトークも会期中の日曜日午後1時30分~(11月11日のみ午後3時30分~)も行われます。 みふぃも一度は行っておきます。
カテゴリ : 講座記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年09月21日 (19:45)

【講座】♪高松藩松平家菩提寺「法然寺の魅力」を語る講座

高松藩松平家菩提寺「法然寺の魅力」を語る講座
高松市片原町にある生涯学習センター「まなびCAN」で行われる今月15日募集開始分の講座です。講師はたかまつ松平藩まちかど漫遊帖のガイドも務める玉岡さん。法然寺は江戸時代のお殿様松平家の菩提寺で聖地ともいえる場所です。その法然寺と門前町として歴史のある街並みが残る仏生山の魅力を語ってくれるそうです。
・開催期間 平成19年10月24日(水)午後1時~3時
・受講料 無料
・募集人数 60人(先着順)

実際に玉岡さんが現地でガイドをされる漫遊帖まち歩きコース「仏生山、魅力をぎゅっと一絞り」もありますので、こちらもぜひご参加ください。
カテゴリ : 講座記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年09月20日 (21:31)

【講座】「香川大学ビジネススクール第4回シンポジウム」を開催します。

みふぃの出身でもあります香川大学ビジネススクール(香川大学地域マネジメント研究科)「香川大学ビジネススクール第4回シンポジウム」を開催します。これは毎年入学して半年経つ1年生が中心となって企画しているものです。今年は会場が変わり、定員が少なくなりましたのでお早めに申込みください。

  テーマ  『四国ブランドと地域マネジメント』
        ~ つなげ地域の心の和 ひびけ世界に四国の力 ~
  日 時  平成19年9月29日(土)13:30~16:45 (開場13:00)
  場 所  高松丸亀町レッツホール(丸亀町一番街東館4F)
  主 催  香川大学大学院地域マネジメント研究科
  基調講演 「地域ブランド構築の課題とプロセス」
        関西学院大学商学部教授 和田充夫 氏
  パネルディスカッション 
       「四国の進化~四国全体へのブランドイメージの構築~」
       博報堂プロデューサー 木下富美子 氏
       丸紅経済研究所顧問  杉浦勉   氏
       四国学院大学教授   田尾和俊  氏       
  入場料  無 料
  定 員  160名

<お問合せ・お申込み先>
  香川大学大学院地域マネジメント研究科(白井さんまで)
  電話・FAX:087-832-1955 e-mail:shirai@gsm.kagawa-u.ac.jp

【四国新聞】「地域ブランド」の情報発信を議論-29日にシンポ
カテゴリ : 講座記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年09月06日 (21:04)

(1)シリーズまち歩き「讃岐の港町を歩く!」

海に開かれた都市(まち) ~高松-港湾都市900年のあゆみ~(香川県報道発表資料)
みふぃ:香川県歴史博物館によるまち歩き。宇多津は受付終了していますが、三豊市仁尾では10月27日(土)、さぬき市志度では11月18日(日)にまち歩きが行われるようです。
カテゴリ : 講座記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年09月04日 (06:56)

【講座】「高松藩祖 松平頼重と水戸光圀」

香川県歴史博物館


写真:香川県観光協会「香川の観光写真集」より
【引用~】高松藩祖松平頼重(よりしげ)は水戸二代藩主徳川光圀の同母兄である。頼重は水戸藩祖頼房(よりふさ)の第一子、光圀は第三子であった。当時すでに長子単独相続の原則が確立しつつあったにも係わらず、頼重は頼房の嫡男(ちゃくなん)にはなれなかった。講演会では頼重が頼房の嫡男になれなかった理由について明らかにする。【続く→】香川県歴史博物館 歴史講演会のお知らせ(香川県報道発表資料)
みふぃ:水戸黄門で知られる徳川光圀、その長兄である初代高松藩藩主松平頼重は本来御三家の1つ水戸藩を継ぐはずでした。にもかかわらず、頼重は水戸藩を継がず高松へ来たのか?その謎に迫ります。
日時 9月23日(日)13:30~15:30
場所 香川県歴史博物館 講堂(地下1階)
先着230名まで
カテゴリ : 講座記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年08月15日 (22:51)

歴史博物館シンポジウム&講座

香川県歴史博物館


写真:香川県観光協会「香川の観光写真集」より
【引用~】海で囲まれた四国は海とは切っても切れない関係にあります。それは今も昔も変わりません。では、中世という時代において、四国はどのように海と関わりを持ち、文化を育んできたのでしょうか。今回のシンポジウムでは文献史学だけでなく、考古学や歴史地理学など多分野からのアプローチを行い、新たな「四国」像を描き出します。【続く→】香川県歴史博物館 歴史シンポジウムのお知らせ 「四国を取り巻く海と文化」
【引用~】南北朝時代に五重塔を再建するなど、善通寺を復興したことでその名を知られた宥範(ゆうはん)という僧侶がいました。文永7年(1270)、讃岐国で生まれ、密教をきわめるために高野山におもむきますが、戦乱によって志を果たせず、関東へ下向。徳治元年(1306)、西宮(兵庫県)から船で野原(現在の高松)へ帰っています。この宥範の伝記史料を読みながら、彼がみた高松と周辺の寺院についてわかりやすく紹介するとともに、あわせて中世寺院と港について考えます。【続く→】シリーズ歴史講座「歴史のなかの港町」 第2回 「中世寺院と港 ~讃岐の一僧侶がみた高松~」のお知らせ
みふぃ:シンポジウムは8月25日(土)13:30~16:30で、講座は平成19年9月2日(日)13:30~15:30。シンポジウムには観光交流局にぎわい創出課の佐藤さんもパネラーで登場するもよう。どちらも「海」に関するテーマです。まだ知られていない香川の歴史の発掘や、まち歩きガイドの新しいネタ探しにいかがでしょうか。
カテゴリ : 講座記事のURL コメント (3) トラックバック (0)

2007年08月14日 (07:08)

19年度香川県民カレッジ「地域活動支援講座」開催のご案内

香川県内でまちづくり型観光(観光まちづくり)に興味のある方へ講座のご案内です。
19年度香川県民カレッジ「地域活動支援講座」第3回目
「長崎さるくとぶらりさぬき路」(仮)
○8月25日(土)13時~16時30分
○香川県立文書館・図書館 視聴覚ホール
○受講料無料
香川県観光交流局にぎわい創出課永井副主幹が、特別招待講師として長崎から長崎さるく推進会議委員の桐野耕一氏をお招きしてお話をします。

「さるく」とは、まちをぶらぶら歩くという長崎弁。「長崎さるく」でふるさとを再発見し、地域の活性化に取り組んでいる様々な事例を、「長崎さるく博’06」の市民プロデューサーで大浦界隈のさるくガイドとして人気の桐野氏から紹介してもらいます。また、香川県でも一般の地元ボランティアが活躍している、まち歩き事業について紹介します。

香川県内で行われているまち歩きがどのように地域のまちづくり・活性化につながっているかを知っていただくとともに、長崎の「さるく」との比較で香川県の取り組みの特徴を知っていただきたいと思います。お申し込みは直接、教育委員会生涯学習・文化財課087-832-3771へ。みふぃももちろん参加します。
リリースシートはこちら
カテゴリ : 講座記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
さぬきだま新着記事

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みっふぃーちゃん

Author:みっふぃーちゃん
ミッフィー好きのみっふぃーちゃんです。
岡山市の岡山駅近辺に住んでます。三豊市詫間町出身。

香川の情報を発信しています。香川で一緒にまちづくりにがんばっていらしゃる方も見てくださっているので【講座】情報も載せてます。発信者(みふぃ)の人となりが分かるように【コラム】もはじめました。

香川の地域紹介や、香川での活躍ぶりをお伝えしてくれるブロガーの方、ぜひご一報下さい。
リンク歓迎です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

Appendix


香川のエリアガイド

☆香川のおすすめイベントカレンダー★

香川のモデルコース

香川のツアーテーマ

観光スポット

お庭の【国宝】 特別名勝「栗林公園」

体験・見学できるところ
香川ときめき体感マップ WEB

県外向け情報誌「かがわ さぬき野」

2007春Vol.17 特集:香川の島々、平賀源内、多度津町、銘茶、赤灯台「せとしるべ」
バックナンバー

エリア紹介「県産品レポート」

観光地図の入手

交通アクセスのご案内

旅人が撮った香川の表情

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール 四国についてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。