FC2ブログ
香川のおいしいもの【グルメガイド】
おいしいさぬき(讃岐)うどんのお店紹介
讃岐うどん遍路   さぬきうどん百店満点

瀬戸内海、海の幸→おさかな天国「香川県へ」

ポストさぬきうどん!香川の名物「骨付き鳥」
骨付き旨いmap

とれたての食材が食べられるお店を紹介
かがわ地産地消協力店
オリーブは香川の特産品です
香川オリーブ自慢の料理店

ちょっと寄り道こんぴら街道 素顔の直島(直島町観光協会) かがわのアート発信隊 四国高松 庵治・牟礼・屋島「源平の里ポータル」
新着記事:注目地域情報やスポット、がんばって活動されている方々の様子をご紹介

2007年12月09日 (19:56)

【高松市】香川産「いちごまいた」で「いっちょこ」

かねすえ みふぃ:昨日は、まちかど漫遊帖の「歴史かさなる扇町 ふ・ら・り」コースでも、おいしいシュークリームをいただいた御菓子処「かねすえ」さんの丸亀町壱番街店で、2つのいちごの新商品を食べてきました。

 かがわオリジナルいちご「さぬきひめ」を使ったスイーツができました!【香川県報道発表資料】

●ロールケーキ「いちごまいた」
  ・香川県生まれのいちご品種「さぬきひめ」と県特産の「女峰」を使用。
●和風チョコレート菓子「讃岐いちご いっちょこ」
  ・県産いちごの栽培面積の55%を占める県特産のいちご「女峰」を使用。

 ロールケーキ「いちごまいた」は、出てくるまでちょっと時間がかかります。レジの後で、生クリームを塗ったスポンジにイチゴを載せて、クルクルっと巻いてくれるのです。広くはない店内なので、そのパフォーマンスがよく見えます。まさに出来たて。すぐに食べたい。
 チョコレート菓子「讃岐いちご いっちょこ」は6個入り。側はカタいチョコレートで、中はモチモチ。チョコも思ったより甘くないので、1箱すぐに食べてしまいそうな感じです。
 
 丸亀町三町ドームのすぐ近くですので、まちなかにおでかけの方はついでにぜひどうぞ。

かねすえ かねすえ かねすえ
こまぴたっ!
松風庵 かねすえ

和菓子も洋菓子もおまかせ! お土産にもぴったりなおいしさ。
香川県高松市丸亀町1-1高松丸亀町壱番街東館
営業時間:10時~20時
定休日:高松丸亀町壱番街に準ずる
TEL:087-811-0039 
データは2007/12/09現在のものです。
おすすめレビューを見る

カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月03日 (22:19)

【高松市】赤黄ドレスの葉艶(ようえん)栗林公園


【引用~】
てなわけで、週末野暮用のため山歩きができず、
かろうじて、栗林公園のライトアップにだけ出かけることができた。

入場料は割引券がある!問題は駐車料金だ。払いたくない!
【続く→】12月1日 栗林公園ライトアップ【節約夫婦の週末の過ごしかたin香川】
【引用~】
朝、だんな様とお気に入りの場所へ。
この時期は毎週、表情が変わるこのいちょうの木を見るのが楽しみ。
先週は、まだまだ、緑の葉っぱが多かったのに、今週はこんなに黄色。
【続く→】まるまる秋満喫【てくてく志度日和】

 みふぃ:一昨日、栗林公園のライトアップに行ってきました。まず日暮亭と紅葉で別世界に。ここはもの静かな山里を思い起こさせます。次に、掬月亭からの眺めも期待どおり素晴らしく、人が入ってくる度に歓声があがります。今年はお茶席に暖かいカーペットが用意されており、動きたくなくなります。それから南湖を一周、赤や黄色の光のシャワーをたっぷり浴びました。締めは味噌だんごで、今年のライトアップも満喫しました。
栗林公園秋のライトアップ2007携帯版
 そして早くも、来年春のライトアップの情報も入ってきました。桜の開花時期に合わせて3月28日(金)~4月6日(日)の予定。「桜の宴」こちらも楽しみです。

栗林公園春のライトアップ2008表 栗林公園春のライトアップ2008裏
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月03日 (21:26)

【高松市】黄門様の印籠締め

黄門様印籠【引用~】
まちかど漫遊帖も今日で全コース終了との事。
いやはやサミシイ・・・。

今回のガイドは “ミスターまちかど漫遊帖様” のおなり~。
栗林公園を出発して商店街を通り壱番街ドームまで、知らない所、面白い所へ、イッパイ連れて行ってもらった。
【続く→】「たかまつ まちかど漫遊帖」【Hideko's diary】

みふぃ:nemurihimeさんによる、まちかど漫遊帖の「黄門さまのお忍びある記part2」コースの紹介です。このコース、事前にはどこに立ち寄るのか分からない秘密いっぱいのコースだったのですが、隠れたおもしろいスポットを巡られたようです。
 そして、さすがミスター漫遊帖、最後にはお決まりのパフォーマンスで盛り上げて終わらせたようです。
「ひかえおろ~!・・・」
 これにてたかまつ漫遊帖2007終了いたしますが、また次回開催のときにはぜひたくさんの方のご参加をお待ちしています。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月02日 (22:27)

【高松市】県庁舎タイムカプセル


 みふぃ:昨日は、高松市のまち歩きツアーまちかど漫遊帖の「ものづくりたちの生み出したもの」コースに参加してきました。漫遊帖では自分のコース以外で最も楽しみにしていたコースです。香川県庁舎東館は、丹下健三設計の名建築と言われ、今でも建築を志す人が訪れているところです。→【高松市】県庁東館ミュージアム構想、一歩ずつ前進・・・休日は普段閉まっているところですが、今回漫遊帖のために特別に公開するということで、定員20名のところ30名を越す参加があり、予想通り大人気のツアーとなりました。
 屋上や庭園を含めた、庁舎内の見学はもちろん、 スペシャルゲスト1の建築士林さんからの「香川は建築どころ」という話からはじまり、金子正則、猪熊弦一郎、丹下健三などの偉人が登場し、この県庁舎に込められた思いをレクチャー。スペシャルゲスト2の岡田さんからはよそには負けない石屋の誇りを語っていただきました。
ものづくりたちの生み出したもの(高松まちかど漫遊帖)携帯版
 来年はこの県庁舎ができて50周年の記念の年です。思いの詰まった名建築をもっと知ってもらえるような機会が提供できればと思います。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月30日 (23:33)

【高松市】高松三種の神技 競演

たかまつ産コラ美術展 たかまつ産コラ美術展
 みふぃ♪12月9日から「たかまつ産コラ美術展」が高松市丸亀町商店街で行われます。高松の代表的な3つの産業「石」「漆」「盆栽」による共同空間制作です。
 石では庵治石による「真実の石」も設置されるようです。→「庵治石版 真実の石」 製作中【牟礼のまちだより】
 それから、おなじみるいまま組のステージも。
 また、4つの産コラ・ワークションプも行われますので、みふぃも体験しにいってみたいと思います。
 9日(日)丸亀町商店街三町ドームへ。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月29日 (20:08)

【高松市】世界三名園へ 葉艶(ようえん)栗林公園

栗林公園 秋のライトアップ2007【引用~】
●世界に誇れるふるさとの宝ものと地域の活性化

素晴らしい栗林公園は、その背景にある歴史や文化などを知ると、
さらに一層輝きを増します。
どうか、この機会に公園を実際に散策していただければと思いますし、
またガイドさせていただき、少しでもサポートできればと思います。

ガイドする時は、最初とても楽しみです。
それは、おそらく栗林公園の魅力がこれからどんどん話せて、
ガイドが終わる頃にはファンになってくれると確信して、
その最後の皆さんの反応がとても楽しみだからです。

実は、24日土曜日夕方から、四国4県のライオンズクラブの代表者及び
その奥様たちをガイドさせていただきました。
過去何度も栗林公園を訪れている方たちばかりで、
今回は、ライトアップが初めてだということで参加した人が多く、
しかし公園自体の興味は何度も訪問していたせいか、
最初はあまりないような印象を受けました。

しかし、ガイドをさせていただき、具体的にこの公園の素晴らしさ、逸話、
歴史、文化、関わってきた人々、あるいは数々の疑問の推理、異文化との比較、
有名人との関わりなどお話を進めているうちに、
皆さんすっかり魅せられてしまったようで、
{このあたり自分で言うのもおかしいのですが}
また、ライトアップの点灯時間とも重なって、雰囲気もたいへんよく、
圧巻は、掬月亭での月見のころは、薄暗くなった周りの状況と、
風がほとんどなく、水面にはライトアップされた紅葉や島々、橋などが
そっくりそのまま映っていて、怖いほど美しいものでした。

光景に目がなれている私自身も、
この光景は素晴らしくしばしうっとりしてしまいました。
おそらく初めて見る方は、感動を覚えたのではないかと思います。

結局は、皆さんがその場所をすっかり気に入ってしまってなかなか動かず、
幹事の方と笑いながら、この雰囲気のよさでは仕方ないと苦笑しながら、
予定時間を大幅に過ぎてしまいましたが、皆さん大満足でした。

ガイドが終わって、別れる前に、「目からうろこが落ちた。こんな
素晴らしい公園とは知らなかった。またぜひ来たい。」、
「まさに日本一の庭園だ。今度は、もう少し時間をとって見に来たい」などと
ほとんど全員の方から言われた時は、ガイド冥利に尽きました。
ガイドしてこのときの気持ちこそ、最高です。

目からうろこが落ちる
言葉にすれば、簡単ですが、この意味がいったいどれほどすごいことなのか、
改めて栗林公園の魅力の深さには、驚いてしまいます。
まさにすごいの一言です。

ライオンズクラブの方は、日本どころか、海外の多くの観光スポットにも
出かけているはずです。またこの栗林公園にも何度か訪れています。
その方たちから、それもほとんど全員の方から、発せられた
「目からうろこが落ちた」という言葉の重み。
まさに人々を魅せるもの、香川の宝ものなんですね。

牟礼の石灯かりもそうでしたけど、魅力が一層増すのは、
やはり日が落ちた直後のまだ薄明かりの時ですね。
真っ暗な闇に浮かぶ姿もいいのですが、
ライトが当たっていないところがやはりわかりにくい点があります。
できれば、ライトアップは、点灯前の4時30分頃に入られて、
掬月亭でゆったりする時間も入れて、
1時間半ほどの余裕を見ていただけますと、
十分楽しめます。

それと、できれば風のない日にお越しください。
水面に移った紅葉などの素晴らしさは、なお一層輝きを増し、
怖さすら覚えます。

地域の衰退、都市との格差が叫ばれ、地域の活性化の必要性が
叫ばれていますが、ややもすれば経済的な観点からのみ、議論され
模索されている傾向には、一抹の不安を覚えています。
地域が活性化するためには、確かに経済は無視できませんが、
しかし経済が活性化しただけで、ほんとうに地域が活性化するとは
断言できないのではないでしょうか!

また、最近は、全国各地で、またあらゆる分野で様々な偽装が暴露され
大きな社会問題となっています。これは、もう一企業や個人のモラルの
問題ではなく、社会構造や日本人の経済至上主義、拝金主義が
知らず知らずのうちに蔓延している結果とも言えると思います。

日本人が大切にしてきた、品格、誇り、自尊心、恥文化などが、
ここに来て、ことごとく崩壊の危機に瀕しています。
同時にそれらは、外国人があこがれているものでもあります。

先行き不透明の現代社会ではありますが、ここで
やはり過去を見つめなおす必要があります。
時代を経て残っている過去の偉大な人物の行動や言葉の重みを
感じて、もう一度勉強すべきだと思います。
時代を経て今なお輝くものはそれだけの価値があります。
ふるさとにも素晴らしいものがたくさんあります。
そういうことをまったく知らないで、今の若者は
県外に出ています。これではふるさとへの愛着もごく親しくしている
人間関係に限定される可能性があり、
それではほんとうのふるさとのよさはわかっていません。

ふるさとの素晴らしさを少しでも知れば、元気が出てきます。
それを学んで伝えることによって、そこでまた違った魅力も
知ることができます。それを子ども達にこそ教えるべきだと思います。

そういう意味では公園の魅力に触れることは、
ふるさと魅力探しのほんの端緒です。
まだまだふるさとには魅力がたくさんあります。

栗林公園に出かけてその魅力探しの旅に出てみませんか!
オンリーワンの魅力がいっぱいあり、感じます。
そうすると不思議と元気が出るものです。
地域の真の活性化は、そういうところからも生まれてくるものなのですね。

そうは思いませんか?

【提供:那須メルマガ20071125号】
みふぃ:栗林公園秋のライトアップ、現在開催中で今度の日曜日12月2日までです。お見逃しないように。
 世界に誇る栗林公園が最も華やかになるときです。ぜひ掬月邸から南湖を眺めて見てください。南湖の周りで立ち止まってみてください。京都も真っ青な空間です。
 さらに、おもてなしを加えて世界の庭園に育てましょう。
 みふぃも12月1日に鑑賞に行く予定です。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月27日 (00:28)

【高松市】おばあちゃんちが近くにできた四国村

【引用~】
自分たちの住んでいる地域のよさを、もっと多くの人たちに知ってもらおうと、市民がプロデューサーとなって高松市内34コースを歩く「まちかど漫遊帖」。

そのひとつ、「きままに四国村」が25日(日)におこなわれ、4組18人が参加しました。
「お気に入りの民家で晩秋の一日をゆっくりと過ごしていただこう」という趣向です
【続く→】まちかど漫遊帖「きままに四国村」(2007.11.26)【四国村ブログ】
 みふぃ:今年から取り入れたステイ・滞在型の漫遊帖「きままに四国村」コースです。人気で18人もの人が参加されたようです。
 カマドのご飯とイロリのお汁とは見事な演出ですね。高松市街からすぐ近くで、本格的以上の、本物の民家体験ができます。いろいろな集まりに民家を貸し出しているそうなので、ぜひ利用しましょう。古い民家も使ってこそ生き続け、文化・価値が実感できます。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月26日 (23:49)

【高松市】大器四国の足跡をたどる


 みふぃ:昨日は、高松まちかど漫遊帖の番外編「稲田先生とあるく遍路道」に参加してきました。根香寺から一宮寺までの遍路道を、途中の鬼無駅から出発して約7キロを歩くコースです。30人余りの参加がありました。
 遍路道の要所要所には石の道標が残っており、道標となっているお地蔵さんもいくつか発見できました。遠くから巡礼にやってきた人のお墓など、なにを願ったか八十八ヶ所への思いと、それを延々と受け入れてきた器としての地域文化を十分に感じられました。
 最後にはみなさん小さな赤い矢印が目にとまるようになり、もう本番に向けて準備OKです。
稲田先生とあるく遍路道(まちかど漫遊帖)携帯版
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月24日 (23:00)

【高松市】むきむきの町を いきいきと案内 香西

 まち歩き常連さんのnemurihimeさんはまちかど漫遊帖「元祖まちづくり 香西むきむきのまち 」コースにも参加されたようです。
 【続く→】「たかまつ まちかど漫遊帖」【Hideko's diary】
 今年初めての香西での漫遊帖でしたが、フタをあけてみれば10月、11月開催の2回とも満員以上の大人気のコースでした。次期開催もぜひ期待しましょう。
●主なスポット
「萬徳寺」「香西寺」「菓匠芝山」「常善寺」「長安寺」「香西港」「山田お好み焼き店」

菓匠 芝山
作り手の繊細さが表現された上質和菓子
香川県高松市香西北町46-2 営業時間:8時~19時 定休日:なし TEL:087-881-2256 データは2007/11/24現在のものです。
香川のグルメ・タウン情報誌「香川こまち」

山田お好み焼
ぷりぷりかしわは肉やならでは!
香川県高松市香西西町203 営業時間:11時~20時(19時30分LO) 定休日:第1・3日曜・第4水曜 TEL:087-881-2329 データは2007/11/24現在のものです。
香川のグルメ・タウン情報誌「香川こまち」
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月19日 (23:41)

【高松市】まだ終わらんよ!!漫遊帖

【引用~】
9月29日から はじまった「まちかど漫遊帖」。
http://matsudaira.levtex.net/

「まちかど漫遊帖」は、高松のまちに暮らす人、働く人、学ぶ人が、自分の大好きなまちをプロデュースしてガイドするという、まちあるき型観光モデルです。

私は、その総合プロデューサーとして春から、市民ツアープロデューサーの研修をやったり、コース構築のお手伝いをしたり、ガイドブックを制作したりバタバタとやっているわけですが、

2ヶ月間のロングランイベントだからまだまだ~と思っていたら、気がつけばあと2週間。 最終日の12月2日むけてラストスパートです。

【続く→】まちかど漫遊帖 12月2日まで【るいまま組 記録(あしたさぬき)】
 みふぃ:先週の土曜日でみふぃが案内のコースも終了し、9月から始まった漫遊帖もいよいよ終盤です。
 るいままがこれからのコースをまとめられましたので、ぜひ参考にしていただいて、後悔のないよう今年のコースに参加しておきましょう。

 まだだ!まだ終わらんよ!!
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
さぬきだま新着記事

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みっふぃーちゃん

Author:みっふぃーちゃん
ミッフィー好きのみっふぃーちゃんです。
岡山市の岡山駅近辺に住んでます。三豊市詫間町出身。

香川の情報を発信しています。香川で一緒にまちづくりにがんばっていらしゃる方も見てくださっているので【講座】情報も載せてます。発信者(みふぃ)の人となりが分かるように【コラム】もはじめました。

香川の地域紹介や、香川での活躍ぶりをお伝えしてくれるブロガーの方、ぜひご一報下さい。
リンク歓迎です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

Appendix


香川のエリアガイド

☆香川のおすすめイベントカレンダー★

香川のモデルコース

香川のツアーテーマ

観光スポット

お庭の【国宝】 特別名勝「栗林公園」

体験・見学できるところ
香川ときめき体感マップ WEB

県外向け情報誌「かがわ さぬき野」

2007春Vol.17 特集:香川の島々、平賀源内、多度津町、銘茶、赤灯台「せとしるべ」
バックナンバー

エリア紹介「県産品レポート」

観光地図の入手

交通アクセスのご案内

旅人が撮った香川の表情

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール 四国についてのブログを表示する.