香川のおいしいもの【グルメガイド】
おいしいさぬき(讃岐)うどんのお店紹介
讃岐うどん遍路   さぬきうどん百店満点

瀬戸内海、海の幸→おさかな天国「香川県へ」

ポストさぬきうどん!香川の名物「骨付き鳥」
骨付き旨いmap

とれたての食材が食べられるお店を紹介
かがわ地産地消協力店
オリーブは香川の特産品です
香川オリーブ自慢の料理店

ちょっと寄り道こんぴら街道 素顔の直島(直島町観光協会) かがわのアート発信隊 四国高松 庵治・牟礼・屋島「源平の里ポータル」
新着記事:注目地域情報やスポット、がんばって活動されている方々の様子をご紹介

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年12月17日 (21:19)

【坂出市】不思議フード(あん餅白味噌雑煮)

あん餅雑煮 「入っているのと入ってないのとどっちがええ?」と聞かれたら、もちろん「入っているの」と答えるのが讃岐っこ。香川の名物、餡入り餅の雑煮です。白みそ仕立てがまた特徴的。なぜこんな食文化が生まれたのでしょうか。

 このあん餅白味噌雑煮を作り、地元の食文化を見直す講座が香川県歴史博物館で開催されます。
食文化体験講座 ~今年も平和で円満な年を祈り、あん餅白味噌雑煮の膳~参加者募集【香川県報道発表資料】

【日時】 平成20年1月26日(土) 10:00~13:00
【会場】 香川県歴史博物館 実習室(地下1階)
【受講料】 1,000円
【定員】 24名 (応募者多数の場合は抽選)
【応募期間】 平成19年12月17日(月)~平成20年1月7日(月)必着 
【応募方法】 往復はがき、HP

 この香川の名物をいつでも味わえるのが坂出市内の水尾醸造所さん。
白味噌仕立ての餡餅雑煮(735円)
 みふぃも食べましたが、甘いアンコに濃厚な白いスープがぴったり。後味、キレ味バッチリ。2回、3回とまた食べたくなります。予約無しでも食べられないことはないかもしれないけど、ぜひ予約してから行ってください。
スポンサーサイト
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月17日 (07:40)

【高松市】八重塔探検隊(県庁舎東館)


 みふぃ:昨日は、先日の会議に引き続き15人ほど集まり実際に香川県庁舎東館を探検しました。残念ながらまちかど漫遊帖でガイドをした門脇さんは欠席でしたので、佐藤隊長に連れられて中庭、ロビー、中2階、県庁ホール前、8階ベランダ、屋上と、外から内から上から見て回りました。
 1階のゲタ箱や中2階の「和敬清寂」など宝物がこっそりと隠れています。昔は、エレベーターガールがいたり、小学校の遠足が来ていたり、屋上に喫茶があったりしたことなどのエピソードも。
 来年5月の50周年に向けてこれから歓迎する企画を立てていきますので、ぜひ全国から建築の好きな方に訪れて欲しいものです。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月14日 (23:53)

【高松市】50周年ストーリーミュージアム

20071213会議 みふぃ:香川県庁舎の現東館は来年5月に50周年を迎えます。昨夜、この県庁舎50周年を記念するプロジェクトをすすめようとボランティアのみなさんが20人ほど集まり、初会合を行いました。
 まちかど漫遊帖でも取り上げられたように(→【高松市】県庁舎タイムカプセル)、東館は丹下健三設計で、今でもわざわざ見に来る人がいるほどの名建築です。
 会議ではさっそくライトアップなどの意見がだされました。お金は全くなく、何ができるかどうかは分かりませんが、節目になる企画ができればと思います。
 この東館、50年を迎える今でも執務室として使われています。しかし、せっかく残しているのでもっと有効活用できないか、考えるきっかけにしたいです。
 ただ50年経った建物ではなく、県庁舎という用途が色んな人の思いを抱えていると思います。その特徴を活かせないか、みふぃも考えているところです。
 明後日日曜日には、このメンバーであーだこーだ言いながらこの東館を見て回る予定です。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月11日 (08:02)

【三豊市】環瀬戸内連携サミット in 詫間町

第2回瀬戸内海スローツーリズム交流会 in 香川県三豊市 みふぃ:来年1月25日(金)~26日(土)に三豊市詫間町マリンウェーブたくまにて、「第2回瀬戸内海スローツーリズム交流会 in 香川県三豊市」が開催されます。詳しくは→第2回瀬戸内海スローツーリズム交流会 in 香川県三豊市昨年の愛媛県新居浜市での開催に引き続き、2回目の開催となります。瀬戸内海をわが海とする人達が集まり、交流し発展を目指します。持続可能なこれからの地域づくりに興味のある方はぜひご参加ください。

【内容】
●地元「三豊市のスローツーリズム紹介」
●瀬戸内海スローツーリズム事例紹介
 ・まち歩き:たかまつ松平藩「まちかど漫遊帖」(香川県高松市)
 ・島暮らし:島スタイル事業部(山口県周防大島町)
 ・海あそび:風の音舎(広島県福山市、愛媛県上島町)
 ・風景自慢:鷲羽山の景観を考える会(岡山県倉敷市)
●情報交換分科会
 ・まち歩き ・島暮らし ・海あそび ・風景自慢
●懇親会
●スローツーリズム体験会(体験メニュー+昼食)

 みふぃはまちかど漫遊帖の事例紹介で発表させていただきます。

スローツーリズム通信第7号 また、交流会を主催する社団法人中国地方総合研究センターのスローツーリズム通信第7号にまちかど漫遊帖の紹介記事を書きました。
スローツーリズム通信第7号

まちかど漫遊帖のウリである4つの特徴を紹介しています。
 ●特徴1 飛びつくようなテーマを楽しむ
 ●特徴2 確実に楽しむ
 ●特徴3 人とのふれあいを楽しむ
 ●特徴4 食を楽しむ

ご覧いただいて、次回開催の漫遊帖にぜひご参加下さい。
カテゴリ : 三豊市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月09日 (19:56)

【高松市】香川産「いちごまいた」で「いっちょこ」

かねすえ みふぃ:昨日は、まちかど漫遊帖の「歴史かさなる扇町 ふ・ら・り」コースでも、おいしいシュークリームをいただいた御菓子処「かねすえ」さんの丸亀町壱番街店で、2つのいちごの新商品を食べてきました。

 かがわオリジナルいちご「さぬきひめ」を使ったスイーツができました!【香川県報道発表資料】

●ロールケーキ「いちごまいた」
  ・香川県生まれのいちご品種「さぬきひめ」と県特産の「女峰」を使用。
●和風チョコレート菓子「讃岐いちご いっちょこ」
  ・県産いちごの栽培面積の55%を占める県特産のいちご「女峰」を使用。

 ロールケーキ「いちごまいた」は、出てくるまでちょっと時間がかかります。レジの後で、生クリームを塗ったスポンジにイチゴを載せて、クルクルっと巻いてくれるのです。広くはない店内なので、そのパフォーマンスがよく見えます。まさに出来たて。すぐに食べたい。
 チョコレート菓子「讃岐いちご いっちょこ」は6個入り。側はカタいチョコレートで、中はモチモチ。チョコも思ったより甘くないので、1箱すぐに食べてしまいそうな感じです。
 
 丸亀町三町ドームのすぐ近くですので、まちなかにおでかけの方はついでにぜひどうぞ。

かねすえ かねすえ かねすえ
こまぴたっ!
松風庵 かねすえ

和菓子も洋菓子もおまかせ! お土産にもぴったりなおいしさ。
香川県高松市丸亀町1-1高松丸亀町壱番街東館
営業時間:10時~20時
定休日:高松丸亀町壱番街に準ずる
TEL:087-811-0039 
データは2007/12/09現在のものです。
おすすめレビューを見る

カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月07日 (23:51)

【善通寺市】かがわを泊まる

善通寺市役所 かがわを歩く 20071206会議
 みふぃ:昨夜は、県の呼びかけに応じて、県内のまち歩き関係者の精鋭が善通寺市役所に集まりました。この秋に発行したパンフレット「かがわを歩く」を瀬戸大橋20周年記念とも重なる春に全面リニューアルして発行するための協力で意見交換会です。
 県外向けPRのためのこの冊子、県内の各主体では現在掲載する情報を選んでいるところですが、この会議では、文字の大きさや表紙のインパクトについて等、パンフレット一般的なことから、香川の「まち歩き」自体のおもしろさを伝える工夫などについて次々と意見が出されました。
 市町の役所の方からは、こんな熱心な方々のやりとりは他のパンフレット作りに役にも立つとの感想もありました。自分たちのやっていることの特徴を探し出し、どのような工夫をして発信するか、パンフレットの情報発信1つをとっても立派ななまちづくりです。
 香川もうどんだけではない、1日では楽しみ切れない、何日でも楽しめる旅のメニューを発信します。ひょっとしたら、表紙のタイトル(未定)も「かがわを歩く」が「かがわを泊まる」(Sさんの意見)になるかもしれません。

2007年12月06日 (23:50)

【坂出市・宇多津町】坂出・宇多津コラボ

20071205会議【引用~】
12月1日に 第3弾「まちのキーマンはだれ!? 親子で探検 職人の技!」が無事終了~したの!

10月にSSS準備委員会を結成して たった2ヶ月くらいしかない期間でみなさん 一つになって頑張ってくれました!感謝!感謝!

親子での まち歩きは 初めてだったものの それぞれの場所で楽しんでくれて しかも 今回から 初登場の金時きんちゃんにも 興味をもっていただき まずまずのスタートだったのではないのかな?
【続く→】第3弾まち歩き無事終了!【~歩~】
親子協力、調理に挑戦-坂出まち歩き第3弾【四国新聞】
 みふぃ:坂出のまち歩き第3弾も終わって、昨日は宇多津町へ、春に向けての坂出・宇多津合同まち歩きの会議をのぞいてきました。
 坂出市のSSS(さかいで塩の里準備委員会)と宇多津うたたまの会、ともに個人主導の純任意団体かつ若者中心メンバーということで、県内初の市町行政区域を越えて共同まち歩き企画を行うことになりました。坂出と宇多津を両方楽しめるコースや、窓口の一本化を検討しています。
 来年3月29日からのまち歩きに向けて、さらに進化させていきます。ご期待下さい。
カテゴリ : 坂出市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月05日 (23:20)

【直島】大物アーチスト来直

直島南寺 みふぃ:9月から7軒に増えた家プロジェクトを記念したトークの第2弾に、あのジェームズタレル氏と内藤礼氏がやってくるようです。ジェームズ・タレル氏は家プロジェクト南寺の「バックサイド・オブ・ザ・ムーン」の他、地中美術館にも「オープン・フィールド」や「オープン・スカイ」の人の視覚に訴えるインパクトのある作品があります。
 来年2月2日(土)14:30~16:30、会場はベネッセハウスです。すぐに申し込みましょう。
家プロジェクト7軒公開記念トーク2 「直島・家プロジェクト~記憶の継承」
カテゴリ : 直島記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月03日 (22:19)

【高松市】赤黄ドレスの葉艶(ようえん)栗林公園


【引用~】
てなわけで、週末野暮用のため山歩きができず、
かろうじて、栗林公園のライトアップにだけ出かけることができた。

入場料は割引券がある!問題は駐車料金だ。払いたくない!
【続く→】12月1日 栗林公園ライトアップ【節約夫婦の週末の過ごしかたin香川】
【引用~】
朝、だんな様とお気に入りの場所へ。
この時期は毎週、表情が変わるこのいちょうの木を見るのが楽しみ。
先週は、まだまだ、緑の葉っぱが多かったのに、今週はこんなに黄色。
【続く→】まるまる秋満喫【てくてく志度日和】

 みふぃ:一昨日、栗林公園のライトアップに行ってきました。まず日暮亭と紅葉で別世界に。ここはもの静かな山里を思い起こさせます。次に、掬月亭からの眺めも期待どおり素晴らしく、人が入ってくる度に歓声があがります。今年はお茶席に暖かいカーペットが用意されており、動きたくなくなります。それから南湖を一周、赤や黄色の光のシャワーをたっぷり浴びました。締めは味噌だんごで、今年のライトアップも満喫しました。
栗林公園秋のライトアップ2007携帯版
 そして早くも、来年春のライトアップの情報も入ってきました。桜の開花時期に合わせて3月28日(金)~4月6日(日)の予定。「桜の宴」こちらも楽しみです。

栗林公園春のライトアップ2008表 栗林公園春のライトアップ2008裏
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月03日 (21:26)

【高松市】黄門様の印籠締め

黄門様印籠【引用~】
まちかど漫遊帖も今日で全コース終了との事。
いやはやサミシイ・・・。

今回のガイドは “ミスターまちかど漫遊帖様” のおなり~。
栗林公園を出発して商店街を通り壱番街ドームまで、知らない所、面白い所へ、イッパイ連れて行ってもらった。
【続く→】「たかまつ まちかど漫遊帖」【Hideko's diary】

みふぃ:nemurihimeさんによる、まちかど漫遊帖の「黄門さまのお忍びある記part2」コースの紹介です。このコース、事前にはどこに立ち寄るのか分からない秘密いっぱいのコースだったのですが、隠れたおもしろいスポットを巡られたようです。
 そして、さすがミスター漫遊帖、最後にはお決まりのパフォーマンスで盛り上げて終わらせたようです。
「ひかえおろ~!・・・」
 これにてたかまつ漫遊帖2007終了いたしますが、また次回開催のときにはぜひたくさんの方のご参加をお待ちしています。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月02日 (22:27)

【高松市】県庁舎タイムカプセル


 みふぃ:昨日は、高松市のまち歩きツアーまちかど漫遊帖の「ものづくりたちの生み出したもの」コースに参加してきました。漫遊帖では自分のコース以外で最も楽しみにしていたコースです。香川県庁舎東館は、丹下健三設計の名建築と言われ、今でも建築を志す人が訪れているところです。→【高松市】県庁東館ミュージアム構想、一歩ずつ前進・・・休日は普段閉まっているところですが、今回漫遊帖のために特別に公開するということで、定員20名のところ30名を越す参加があり、予想通り大人気のツアーとなりました。
 屋上や庭園を含めた、庁舎内の見学はもちろん、 スペシャルゲスト1の建築士林さんからの「香川は建築どころ」という話からはじまり、金子正則、猪熊弦一郎、丹下健三などの偉人が登場し、この県庁舎に込められた思いをレクチャー。スペシャルゲスト2の岡田さんからはよそには負けない石屋の誇りを語っていただきました。
ものづくりたちの生み出したもの(高松まちかど漫遊帖)携帯版
 来年はこの県庁舎ができて50周年の記念の年です。思いの詰まった名建築をもっと知ってもらえるような機会が提供できればと思います。
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
さぬきだま新着記事

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みっふぃーちゃん

Author:みっふぃーちゃん
ミッフィー好きのみっふぃーちゃんです。
岡山市の岡山駅近辺に住んでます。三豊市詫間町出身。

香川の情報を発信しています。香川で一緒にまちづくりにがんばっていらしゃる方も見てくださっているので【講座】情報も載せてます。発信者(みふぃ)の人となりが分かるように【コラム】もはじめました。

香川の地域紹介や、香川での活躍ぶりをお伝えしてくれるブロガーの方、ぜひご一報下さい。
リンク歓迎です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

Appendix


香川のエリアガイド

☆香川のおすすめイベントカレンダー★

香川のモデルコース

香川のツアーテーマ

観光スポット

お庭の【国宝】 特別名勝「栗林公園」

体験・見学できるところ
香川ときめき体感マップ WEB

県外向け情報誌「かがわ さぬき野」

2007春Vol.17 特集:香川の島々、平賀源内、多度津町、銘茶、赤灯台「せとしるべ」
バックナンバー

エリア紹介「県産品レポート」

観光地図の入手

交通アクセスのご案内

旅人が撮った香川の表情

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール 四国についてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。