香川のおいしいもの【グルメガイド】
おいしいさぬき(讃岐)うどんのお店紹介
讃岐うどん遍路   さぬきうどん百店満点

瀬戸内海、海の幸→おさかな天国「香川県へ」

ポストさぬきうどん!香川の名物「骨付き鳥」
骨付き旨いmap

とれたての食材が食べられるお店を紹介
かがわ地産地消協力店
オリーブは香川の特産品です
香川オリーブ自慢の料理店

ちょっと寄り道こんぴら街道 素顔の直島(直島町観光協会) かがわのアート発信隊 四国高松 庵治・牟礼・屋島「源平の里ポータル」
新着記事:注目地域情報やスポット、がんばって活動されている方々の様子をご紹介

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月14日 (21:34)

【高松市】県庁東館ミュージアム構想、一歩ずつ前進・・・

なお いまだに 惹きつける 県庁舎
【引用~】
21世紀の残したい日本の建築物百選に選ばれた「香川県庁東館」は、
丹下健三氏設計の素晴らしい建築物で、
先週の土曜日も新潟大学工学部の建築専攻の学生さんたちらが見学に来られて、
案内させていただきましたが、彼らもほんとうによく勉強していて、
反対に教えられることもありました。

 皆さんは、たとえばこの夏にどれくらいの県外の方が、
この県庁舎の建物にあこがれて訪問した人がいるのかご存知ですか?
おそらく想像つかないと思います。
 しかし、土日は、バスを仕立ててこられるグループもいて、
ほんとうに驚きの連続です。
 土日だから、皆さん知らないだけなんです。それが普通です。
私はたまたま家も近いので、よくこの近くを歩いていますが、
そういう方たちによく出会って、
会えばできるだけガイドさせていただいています。
 土日閉庁で、中を見せてあげられないのがほんとうに残念です。

 休日になると何人かの人が、よく見学に来られています。
しかし、県庁は閉庁で仕方なく、
彼らは、見学者は、
外観の写真撮影や外からの観察などで終わっていますが、
中を見学したい人がほとんどです。

 この県庁舎東館は、今から50年前の建物です。
21世紀に残したい日本の建築物百選のうちの1つで、
何と香川では、ほかに栗林公園掬月亭、玉藻公園披雲閣、琴平金丸座の
全部で4つ選ばれています。100のうち4つもです。すごいです。
 世界の丹下といわれるきっかけになった作品で、
日本建築伝統の木割を活用しながら、素材はコンクリートという
和洋折衷の外観と、1、2階のガラス張りやオープンスペースは、
戦後民主主義の象徴とも言われ、これ以降、公共施設では
ロビーが広く開放されるようになったとも言われています。

 丹下健三、安藤忠雄、谷口吉生から始まり、村野藤吾、鈴木了二、
SANAA、そして、猪熊弦一郎、イサム・ノグチ、流政之、
ジョージ・ナカシマ、千宗守、剣持勇、黒川紀章などなど、
香川に縁のある方の話は尽きませんし、熱心に聴いてくれました。

 丹下の作品をわざわざ見るために香川に今回来たということでした。
学生さんは、先生から一度は実物を見ておけとの指導があったという
ことでした。
 学生さんたちには、十分喜んでいただきました。

 この建物は、建築家にとって、建築家を目指す人にとっては
避けては通れない貴重な作品なのです。
 お話をしていて、彼らのまなざしの真剣さには、驚くほどの熱心さがあり、
まるで宝物を掘り当てたかのような雰囲気です。

 香川にはいいもの、誇れるものがたくさんありますし、
それは、しかし全国どの県でも同じだと思います。
要は、それを如何に多くの人に知らせるかという情報発信が
効果的戦略的にできているかどうかですね。
いいものがあれば人が来てくれる時代は終わっています。
いいものでもしっかりと情報発信しないと、ないものと等しいものです。
県庁東館ミュージアム構想、そろそろ具体化させていかないと、
ほんとうに宝の持ち腐れになってしまいます。

 文化会館にあるたくさんの収蔵物、
なぜもっと陽の目を見せてあげないのか、
キュレータの方とともに、経営感覚でがんばらないといけないと思います。
 少しでも、東館ロビーに展示して、大勢の人に鑑賞してもらいたいです。
芸術品が展示してある県庁舎なんて、全国どこにでもないし、
そもそも器自体がすごい建物なのです。
猪熊弦一郎作の中心の壁の陶板「和敬清寂」の意味を
もっともっと大勢の県民が理解しないといけません。

 幸いにも、今年のまちかど漫遊帖は、2種
この香川県庁舎をメイン舞台にしたツアーが組まれています。

 ひとつは、
「昭和33年の伝統とモダニズム:県庁東館の楽しみ方教えます」と
いうことで、
10月15日、29日 11月5日の3日間開催の予定です。
 もうひとつは、「まちラボプレゼンツ ものづくりたちの生み出したもの、
香川現代アートのルーツを訪ねる」で、12月1日の1回限りの実施です。

 詳しくは、まちかど漫遊帖のウエブサイトをご覧ください。
申込み方法などがでています。

 県庁東館ミュージアム構想、ぜひとも実現したいです。
 イサム・ノグチの最高傑作とされている
本館2階に置かれてある「アーケイック」こそ、1階に下ろして
ぜひ多くの方に素晴らしさを味わってほしいものです。
折り紙シリーズ、灯りシリーズもたくさん文化会館持っています。

 大勢の賛同者を期待しています。

 観光の大きな目玉ともなります。

 ちなみに、県庁舎の南庭、これは、
調査した結果、構想自体はやはりイサム・ノグチのようです。
金子知事を顕彰する本の中に記載があるのを見つけました。
おそらくは、ノグチと丹下のコラボだと思われますし、
イサムの考えにも、巨石を空に向って突き出すかのような
ダイナミックな構図は、ノグチが日本文化にあこがれるきっかけとなった
京都東福寺の方丈庭園、市松庭園の作庭家である重森三玲の影響が
濃く出ているアイデアだと確信しています。

 県庁東館ミュージアム構想、ぜひとも実現したいです。

【提供:那須メルマガ20071014号】(一部略)
みふぃ:県庁東館は建物自体が素晴らしく、県外から多くの視察者が訪れています。
高松市のまち歩きツアーまちかど漫遊帖でも
●「昭和33年の伝統とモダニズム
●「ものづくりたちの生み出したもの
の2つのコースで取り上げています。建築・アートに興味のある方はぜひご参加ください。
スポンサーサイト
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

コメント

行きたいコースの一つです。
本日HNKで、慢遊帖のニュース、みましたよー。好評とのこと。
参加者に女性が多いのが気になりました。
そこで働いている人がいてこそ、羨ましいナと思う場所ですね。
今までガイドはどうやって対応されていたのでしょうか?

あと、アートの文脈からは(も)、
栗林公園、四国村、もいいところですよね?

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://miffyty.blog109.fc2.com/tb.php/167-20af368a
さぬきだま新着記事

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みっふぃーちゃん

Author:みっふぃーちゃん
ミッフィー好きのみっふぃーちゃんです。
岡山市の岡山駅近辺に住んでます。三豊市詫間町出身。

香川の情報を発信しています。香川で一緒にまちづくりにがんばっていらしゃる方も見てくださっているので【講座】情報も載せてます。発信者(みふぃ)の人となりが分かるように【コラム】もはじめました。

香川の地域紹介や、香川での活躍ぶりをお伝えしてくれるブロガーの方、ぜひご一報下さい。
リンク歓迎です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

Appendix


香川のエリアガイド

☆香川のおすすめイベントカレンダー★

香川のモデルコース

香川のツアーテーマ

観光スポット

お庭の【国宝】 特別名勝「栗林公園」

体験・見学できるところ
香川ときめき体感マップ WEB

県外向け情報誌「かがわ さぬき野」

2007春Vol.17 特集:香川の島々、平賀源内、多度津町、銘茶、赤灯台「せとしるべ」
バックナンバー

エリア紹介「県産品レポート」

観光地図の入手

交通アクセスのご案内

旅人が撮った香川の表情

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール 四国についてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。