香川のおいしいもの【グルメガイド】
おいしいさぬき(讃岐)うどんのお店紹介
讃岐うどん遍路   さぬきうどん百店満点

瀬戸内海、海の幸→おさかな天国「香川県へ」

ポストさぬきうどん!香川の名物「骨付き鳥」
骨付き旨いmap

とれたての食材が食べられるお店を紹介
かがわ地産地消協力店
オリーブは香川の特産品です
香川オリーブ自慢の料理店

ちょっと寄り道こんぴら街道 素顔の直島(直島町観光協会) かがわのアート発信隊 四国高松 庵治・牟礼・屋島「源平の里ポータル」
新着記事:注目地域情報やスポット、がんばって活動されている方々の様子をご紹介

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月22日 (21:20)

【高松市】玉藻公園名物 鯛のエサやり鯛験&鯛願城就

玉藻公園見たい 買いタイ

   かなえ鯛 玉藻公園


玉藻公園名物 鯛のエサやり鯛験【さぬき暮らし】
みふぃ:なんと玉藻公園(高松城跡)のお堀には鯛が泳いでいるのです。鯉なんかじゃありませんよ。ホントのお頭付きの鯛です。しかもたくさん。
 これは、海際の水城ならでは。高松城は昔「讃州さぬきの高松さまの城が見えます波の上」と言われており、瀬戸内海を通過する船にその威容を誇っていました。みふぃは昨年まちかど漫遊帖で「~高松城 外から内から上から~」というコースのガイドをしていましたが、鯛のいるこのお堀は目玉スポットの一つでした。鯛はマダイで赤いはずなのに黒いのは日焼けしたから。今ではエサまであげられるようです。

【引用~】この度,玉藻公園にて高松の伝統産業とのコラボエーション企画『鯛願城就』のハンカチが10月6日より販売開始となりました。同公園のお土産シリーズ,絵はがき・ピンバッチに続く第3弾のこの企画は,公園入園者に人気の「鯛のえさやり」にあやかり,通気・吸水性に優れた「保多織ハンカチ」を採用することで,お土産として,また実用品として使用してもらい,“瀬戸の都 高松”を実感して欲しいというのが狙いです。
 ●販売場所  玉藻公園の東西両入り口受付と披雲閣内公園管理事務所にて販売中
 ●販売価格  一枚500円(青・ピンク・ライトグリーンの3色)
保多織ハンカチ【鯛願城就】発売のお知らせ【まちかど漫遊帖 成長日記】
みふぃ:もう一つ鯛ネタ。そのお堀の鯛にあやかって登場したのが、『鯛願城就』のハンカチ。玉藻公園のOさんにいきなり見せてもらったときには、最初漢字4文字どう読めばいいのか分かりませんでした。「鯛」と「城」でとにかく縁起の良いハンカチ、お値段も手ごろなのでお土産にいかがでしょうか。昔、松平のお殿様専用の織物で多年を保つという保多織なのも見逃せないところです。
スポンサーサイト
カテゴリ : 高松市記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://miffyty.blog109.fc2.com/tb.php/174-a0938cff
さぬきだま新着記事

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みっふぃーちゃん

Author:みっふぃーちゃん
ミッフィー好きのみっふぃーちゃんです。
岡山市の岡山駅近辺に住んでます。三豊市詫間町出身。

香川の情報を発信しています。香川で一緒にまちづくりにがんばっていらしゃる方も見てくださっているので【講座】情報も載せてます。発信者(みふぃ)の人となりが分かるように【コラム】もはじめました。

香川の地域紹介や、香川での活躍ぶりをお伝えしてくれるブロガーの方、ぜひご一報下さい。
リンク歓迎です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

Appendix


香川のエリアガイド

☆香川のおすすめイベントカレンダー★

香川のモデルコース

香川のツアーテーマ

観光スポット

お庭の【国宝】 特別名勝「栗林公園」

体験・見学できるところ
香川ときめき体感マップ WEB

県外向け情報誌「かがわ さぬき野」

2007春Vol.17 特集:香川の島々、平賀源内、多度津町、銘茶、赤灯台「せとしるべ」
バックナンバー

エリア紹介「県産品レポート」

観光地図の入手

交通アクセスのご案内

旅人が撮った香川の表情

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール 四国についてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。